群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

上陸許可とは

1.上陸許可
 上陸許可とは、外国人が上陸する空港又は海港で入国審査官等
 (法務省入国管理局の職員)によって旅券上に表示(上陸許可証印が押印)
 されるものであり、この上陸許可証印が、入国当初は我が国における
 合法的滞在の根拠となります。

 すなわち、我が国に上陸しようとする外国人は、到着した空港又は海港において
 入国審査官に対して上陸申請を行ない、旅券の有効性、査証の有無、査証が
 必要とされる際には査証の有効性、入国目的・滞在予定期間等が審査され、
 これらの要件が入管法に定められた上陸条件に全て合致してはじめて
 上陸が認められることとなります。

 上陸許可証印には、我が国で行うことができる活動又は認められた身分若しくは
 地位を表す在留資格と、我が国で在留することができる在留期間のほか
 上陸許可年月日、上陸港名が表示されます。

 在留資格
は英語では一般的にIMMIGRATION STATUS(イミグレーション・
 ステータス)
と呼ばれています。
 なお、上陸後各地方入国管理当局において在留期間更新許可申請、
 在留資格変更許可申請等を行う際には、上陸許可を受けており、かつ、
 これが有効であることが前提となります。
  

お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから