群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

産廃業許可の必要の有無

1 .産廃業許可の必要の有無
 産廃物を収集運搬すること、中間処理すること、最終処理することは原則として
 許可を得る必要があります。
 許可を得ずにすると厳しい罰則が科せられます。また、許可を得た者が、
 法律に則って処理しない場合にも、同様に罰則が科されます。

 罰則の具体例
 ①5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金又はこれの併科
  ・無許可で産業廃棄物の収集運搬業を行った場合
  ・無許可で事業範囲の変更をした場合
  ・無許可業者へ廃棄物の処理を委託した場合
  ・廃棄物をみだりに捨てること。

 ②3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金又はこれの併科
  ・業務の改善命令に従わなかった場合

 ③50万円以下の罰金
  ・産業廃棄物管理票(マニフェスト)の取扱いに関して適正に処理しなかった場合
  ・収集運搬業者が、運搬を受託していないにもかかわらず、虚偽の記載をして
   管理票の交付をした場合

 ④30万円以下の罰金
  ・帳簿を備えず、記載せず、若しくは虚偽の記載をし、又は保存しない場合
  ・法に規定する報告義務に関して、報告せず又は虚偽の報告をした場合


お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから