群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

産業廃棄物とは?

1.一般廃棄物と産業廃棄物の区分
 廃棄物とは、廃棄物処理法によれば、自分で利用したり他人に有償で
 売却することなどができないために、使うことができなくなった固形物かまたは
 液状のものと定義されています。

 廃棄物は法律上では、日常生活を営む家庭から出る一般廃棄物
 事業活動によって生じる産業廃棄物の2つに分けられます。

 一般廃棄物
とは、廃棄物のうちで廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する
 法律)によって定義される産業廃棄物以外のものを指します。

 一般廃棄物とは、多くが家庭での通常の生活を営む上で排出される家庭系
 一般廃棄物です。
 しかし、中には事業所から排出される産業廃棄物以外の廃棄物にあたる
 事業系一般廃棄物も含まれています。

 産業廃棄物
とは事業活動によって生じる廃棄物のことをいいます。
 産業廃棄物の中でも爆発性のあるもの、毒性のあるもの、感染性があるものなど、
 特に人体や環境に何らかの被害が生じる恐れのある種類の産業廃棄物を
 特別管理産業廃棄物として区別しています。


お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから