群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

 定款とは?

1.定款
 定款とは、会社の組織・運営に関する基本的ルールを定めたものをいいます。 
 定款は発起人全員で作成し、全員が署名押印する必要があります。 
 作成した定款は公証人役場で認証を受けることで、初めて法的な効力を
 持つことになります。
 なお、定款は1度認証を受けてしまうと、原則として訂正ができません。 

 定款に記載する内容には以下の3つの事項があります。
 ①絶対的記載事項
  定款には必ず記載しなければならない事項です。記載を欠く場合、
  その定款自体が無効になります。
  ex)商号、目的、本店の所在地、設立に際して出資される財産の金額または
   その最低額、発起人の氏名または名称及び住所、発行可能株式総数
   (成立までに定めてもよい)

 ②
相対的記載事項
  定款に必ず記載しなければならないものではありませんが、
  記載しない場合は、その規定はなかったものとして扱われます。
  その規定がある場合は必ず定款に記載します。
  ex)金銭以外の財産を出資する者の氏名又は名称、株式譲渡制限に
   関する事項、役員の任期、株式会社の負担する設立に関する事項など

 ③任意的記載事項
  定款に記載するかしないかは自由な事項です。
  ex)事業年度の定め、定時株主総会の開催時期など


 2.定款の認証
  定款の認証とは、定款の記載方法や内容が法律に合っているか、公証人が
  形式的な事柄などを確認することをいいます。。
  認証してもらうことで、初めて法的に有効なものとなります。
  なお、定款の認証は、設立登記を申請する法務局に所属する公証人役場に
  行きます。 
  公証人役場には、原則としては発起人全員で行くことになりますが、委任状が
  あれば代理人だけでも定款の認証をすることができます。

  定款の認証に必要な書類
 ①定款
  定款は3通必要です。1通は公証人役場の保管用、1通は会社保存用の原本、
  1通は設立登記申請で必要です 
 ②印鑑証明書
  発起人全員の個人の印鑑証明書を各1通ずつ 
 ③収入印紙
  金4万円 公証人保管用に貼付します
 ④認証手数料
  金5万円 手数料として納付します
 ⑤謄本手数料
  1枚につき250円 約2,000円必要です 
 ⑥委任状
  代理人に依頼する場合に必要です。なお、委任状には委任する発起人全員の
  記名と実印による押印が必要です 


お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから