群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

商号とは?

1.商号
 商号とは、会社の名前のことをいいます。商号は、同一市区町村内で、同業者の
 同一・類似の商号がある場合には、後々先に登記した会社から損害賠償を受ける
 可能性があり得ます。
 同じ様な商号の会社が2つ以上あると、一般の人が誤認取引してしまう恐れが
 あるからです。

 したがって、設立する会社の商号が決まったら、同一市区町村内で、同業者が
 同一・類似の商号の登記があるかどうかを調査する必要があります。
 類似商号があるかどうかは、会社の本店を管轄している法務局で調査します。 
 なお、類似商号の調査は無料になります。

 類似商号の調査でのポイントは以下のとおりです。 
 ①同一市区町村内に類似商号があるかどうかを調査します。 
 ②同一業種に類似商号があるかどうかを調査します。 
 ③会社だけでなく登記された個人商人も対象になります。 

 類似商号に該当する具体例
 
 ①類似商号の判断は、すべての種類の会社と個人商人が対象となります。
  「株式会社鈴木」と「鈴木有限会社」は類似商号に該当します。 
 ②漢字・ひらがな・カタカナの違いによる判断
  漢字で「鈴木組」と登記されていれば「すずき組」や「スズキグミ」も類似商号に
  該当します。 
 ③漢字の読み方での違いによる判断
  「銀杏」(読みは「ぎんなん」)で登記されていても、「銀杏」(読みは「いちょう」)は
  類似商号に該当します。 
 ④同じ仕事の内容での判断
  建設業→「鈴木建設」「すずき組」「鈴木工務店」、
  食品業→「鈴木食品」「鈴木フーズ」はすべて類似商号に該当します。 
 ⑤一般的な装飾による判断
  「日本」「ニュー」「第一」などが商号の前後ついた場合。
  「ニュー鈴木」と「鈴木」は類似商号に該当します。 



お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから