群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

相続分

1.相続分
 相続人が数人いる場合には、各共同相続人はその相続分に応じて
 被相続人の権利義務を承継します。
 相続分は、被相続人の意思で決められた「指定相続分」とこのような
 定めがない場合の「法定相続分」に分けられます。

1.指定相続分
 指定相続分とは、被相続人が自ら決めるか、または第三者に指定を委託して
 定めます。
 つまり、遺言で定める必要があります。

2.法定相続分
 指定相続分の定めがない場合には、民法に定めによります。
 ①相続人が配偶者と子の場合
  配偶者が2分の1、子が2分の1となります。また、子が複数いる場合には、
  均等に分けます。ただし、非嫡出子の相続分は、嫡出子の2分の1となります。
 ②相続人が配偶者と直系尊属の場合
  配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1となります。
 ③相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合   
  配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1となります。なお、父母の一方のみを
  同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の
  2分の1となります。

 相続が開始した時期により、相続分は異なります。上記の定めは、
 昭和56年以降に適用されます。それ以前の場合は異なります。


 ⇒無料相談をご利用希望の方はこちらへ


お気軽にお問い合わせください


お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから