群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

相続欠格・廃除

1.相続欠格
 相続欠格とは、相続に関して不正な利益を得ようとして、
 不正な行為をした者またはしようとした者をいいます。
 欠格者に該当した者は、相続権を失います。
 欠格の効果は一身専属的※であるため、直系卑属には及びません。
 よって、欠格者に子や孫がいる場合、代襲相続が開始します。
 相続欠格は、廃除と異なり裁判上の手続きは必要ありません。

 ※一身専属権とは、被相続人が死亡時に相続される
  財産には含まれないことをいいます

 相続欠格の要件
 ①故意に被相続人または相続について先順位もしくは同順位にある者を
  死亡させ、または死亡させようとしたために、刑に処せられた者 
 ②被相続人が殺害されたことを知って、これを告発せず、または告訴しなかった者
  ただし、その者に是非の弁別がないとき、または殺害者が自己の配偶者もしくは
  直系血族であったときを除きます
 ③詐欺または脅迫によって被相続人に遺言をさせたり、遺言を取消させたり、
  変更させたりした者
 ④詐欺または脅迫によって、相続人が遺言をしたり、 その取消しや変更しようと
  するのを妨げた者
 ⑤相続に関する被相続人の遺言書を偽造・変造・破棄したり、隠したりした者

2.廃除
 廃除とは、被相続人からみて、相続させたくないような非行があった
 相続人に対して、被相続人の請求に基づいて家庭裁判所が審判または
 調停によって相続権を剥奪することをいいます。
 廃除された者は、相続権を失います。
 廃除の効果は一身専属的であるため、直系卑属には及びません。
 よって、代襲相続が開始します。
 廃除は、欠格と異なり裁判上の手続きが必要になります。

 廃除の要件
 ①被相続人に対して虐待をし、もしくは重大な侮辱を加えたとき
 ②推定相続人にその他の著しい非行があったとき


  無料相談をご利用希望の方はこちらへ


お気軽にお問い合わせください


お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから