群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

新規か、更新かまたは業種追加か?

1.新規に該当する場合
 ①現在、有効な建設業許可を知事または大臣から受けていない者が、
  今回新たに許可申請をする場合
 ②現在有効な許可を受けている者が新たに他の行政庁から許可を
  受けようとする場合(許可換え新規)
 例 
  (1)大臣許可を受けている業種を知事許可に換えたい
  (2)知事許可を受けている業種を大臣許可に換えたい
  (3)A県知事許可を受けているがB県知事に許可に換えたい

 ③異なる業種で「特定」と「一般」を取る場合(般・特新規)
 例
  (1)a業で一般の許可を受けているが、新たにb業で特定の許可を受けたい
  (2)c業で特定の許可を受けているが、新たにd業で一般の許可を受けたい

2.更新に該当する場合
 更新とは、すでに建設業の許可を受けている者が、引き続き同一業種の建設業を
 経営する場合に行う手続きをいいます。
 有効期間は、許可のあった日から5年で満了します。
 有効期間満了日の30日前までに許可更新申請をしなければなりません。

3.業種追加に該当する場合
 業種追加とは、同一の許可権者から、別の業種の許可を受ける場合に行う
 手続きをいいます。
 例
  (1)a業を一般で許可取得済み →  b業を一般で許可を受けたい
  (2)a業を特定で許可取得済み  →  b業を特定で許可を受けたい


お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから