群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

一般かまたは特定か?

 建設業の許可は、その業種によって一般建設業特定建設業の2種類に
 区分され、どちらかの許可を受けなければなりません。
 なお、同一業種について一般と特定の両方の許可を受けることはできません。

1.一般建設業に該当する場合
 ①建設工事を下請に出さない場合
 ②下請に出す場合でも、1件の工事代金が3,000万円
  (建築一式工事の場合は4,500万円) 未満の場合

2.特定建設業に該当する場合
 ①発注者から直接請負った1件の工事について、下請代金の額
  (下請契約が2以上ある場合はその総額)が3,000万円
  (建築一式工事は、4,500万円)以上となる建設工事を施行する場合


お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから