群馬の建設業許可,相続なら服部行政書士事務所へ。無料相談実施中。

建設業許可の必要の有無

 建設工事の完成を請負う建設業者は、建設業許可を受けることが
 義務付けられています。
 元請、下請けを問わず、また、法人、個人を問わず、建設工事を請負うものは、
 すべて許可を得る必要があります。
 ただし、以下の場合は許可を得る必要がありません。

 <建築一式工事の場合>
  1.1件の請負代金が税込1,500万円未満の工事を請負う場合
  2.請負代金の額に関わらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満
   (主要構造部が木造で、延べ面積の1/2以上を居住の用に供するもの)の
   工事を請負う場合

 <建築一式工事以外の場合>
  1.1件の請負代金が税込500万円未満の工事を請負う場合

 



お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ: 0276-60-5212
安心納得!無料相談についてはこちらから